みつ和総合環境研究所:シックハウス・アレルギー対策の家造り・リフォームから家具・ファブリックなどオリジナルオーガニック製品も取り扱います。「衣」「食」「住」の3つの柱で健康な生活を考えていきませんか?

Home > 自然素材で作った建材 > 無垢のフローリング

健康な家を建てようボタン
安心建材でリフォームボタン
自然素材で作った建材ボタン
安心な日用製品ボタン
みつ和についてボタン
よくあるご質問ボタン

 

 

自然素材で作った建材
無垢のフローリング(みつ和オリジナル)

 一般のフローリングとの違い

一般のフローリング

みつ和のフローリング

合板
現在一般的に使われているフローリングは合板(ベニヤ板)を使った天然木化粧合板が主流になっています。
つまりフローリングは見た目は木目があり、木そのものに見えますが、実はベニヤ板でできています。

平成15年の建築基準法の改正でF☆☆☆☆の低ホルムアルデヒドのものを使用するケースが多くなりましたが、これはノンホルマリンではありません。
また、床面のフローリングから受ける化学物質の影響は全体の60〜70%を占めるという研究発表があります。
このことを考えると、できれば無垢材のフローリングにしたいものです。

平成15年7月より建築基準法が改正され、フローリング材としてF☆☆☆☆(フォースター、またはエフ星4つ)合板が使われることが多くなりました。
しかしこれは低ホルムアルデヒド合板の中で放散量が一番少ない物であって、放散量がゼロ、つまりノンホルムアルデヒドではありません。

ちなみにF☆☆☆☆は0.3〜0.4mg/l 気中濃度換算で0.12〜0.16ppmになります。
仮に床、壁、天井全てにF☆☆☆☆合板を使った場合、部屋の濃度は厚生労働省の基準0.08ppmをオーバーする可能性が高いと考えられます。
 
塗料
一般に使われている塗料は石油から作られているもので、トルエン、キシレン等の有機溶剤が多く含まれています。
その為、健康への影響も大きいと考えられます。
無垢の天然木
国産の防カビ処理をしていない天然木を使用しています。
ブナ・ナラ材を使用したものはほとんど無臭です。
ヒノキ・スギ材は木が持っている独特のにおいがありますが、ブナ・ナラ材より安価に入手できます。

無垢材にも2種類あります。

1.接着剤で接合していない木そのもの。
2.一般的に「集成材」と言われるもの。

「2」は木材同士を接着剤で接合したもので、「木」そのものではありますが、接着剤の化学物質に問題がある為、集成材かどうかのチェックは非常に大切です。
最近はこの集成材を「無垢」として販売しているケースがほとんどです。
塗料
みつ和では主にドイツの自然塗料を使用しています。
クリアーを3回塗りして仕上げる為とても手間がかかります。

自然塗料は亜麻仁油などの植物油から出来ていて、ホルムアルデヒドは一切含まれていません。その為人体への影響は極めて少なく、木の自然な風合いを保ち、木材の持つ調湿機能を活かします。

フローリング価格表

ページTOPへ