みつ和総合環境研究所:シックハウス・アレルギー対策の家造り・リフォームから家具・ファブリックなどオリジナルオーガニック製品も取り扱います。「衣」「食」「住」の3つの柱で健康な生活を考えていきませんか?

Home > 安全建材でリフォーム > シックハウス対策のリフォーム例

健康な家を建てようボタン
安心建材でリフォームボタン
自然素材で作った建材ボタン
安心な日用製品ボタン
みつ和についてボタン
よくあるご質問ボタン

 

 

安心建材でリフォーム
シックハウス対策のリフォーム例 2

その1|その2|その3

シックハウス対策のリフォーム例  小原邸(仮名)

ケース2:シックハウス症候群患者 女性

■発症の原因


外観

 シロアリ駆除剤によって奥様がシックハウスになってしまった。
 工事途中、薬剤の注入が完了する前に奥様が体調の異変を感じ、工事を中止するということがあった。

発症後の生活

 みつ和でのリフォーム前は部屋中を開放して特別に大きな扇風機で室内の空気を撹拌し外部に出していた。
その光景は通常に行われる換気とはほど遠いもので、いかに部屋の空気がシロアリ駆除剤によって汚染されているかを物語っていた。

 また散布されたシロアリの駆除剤が部屋中の天井、壁、床、押入れ等に移染されていて、その微量の化学物質に反応していることが分かる現場であった。

 ただこの患者さんは外出はできるので重症とまでは言えないようだ。おそらくシロアリ駆除剤(クロルピリホス)に特に敏感に反応しているのだと思われる。


体調の異変を感じ、途中で工事を中止した箇所

■行った工事について

フローリング工事

 この家は一部パネル工法で施工されていた為、床の下地板が撤去できなかった。
 したがって下地から放散されるホルムアルデヒドを食い止める為、アルミホイルを敷き詰め上昇を防いだ。
  さらにアルミホイルの破損を防いだり、化学物質を吸着させるために、炭シートをアルミホイルの上に敷き詰めた。

アルミホイルを敷き詰め、さらに炭シートを重ねる工事


床の下地板にアルミホイルを敷きつめる

 

さらに炭シートを敷き詰める
  

 下地板が撤去できた部屋に関しては、下地板の張替えから工事を進める。
 もちろん下地板もムクの板を使用する。

 写真左は杉のムク下地の上にブナムクフローリングを釘で止める工事。15mm厚のブナ材を使用し実(さね)(板と板を組み合わせるためのホゾ)を傷めないよう小さめの釘穴をドリルで開けているところ。
さらに上記で開けた釘穴に釘を使いフローリング板をしっかり止める。(写真右)

 ひとつひとつ行うのでとても根気のいる作業になるが、接着剤を使わないようにする為には必要不可欠な工事となる。

接着剤を使わないようフローリングは釘うちで行う

釘穴をドリルで開ける作業
 

釘でフローリングを止めるので接着剤は使わない
  
ムク板で作った建具

 既存の建具はホルムアルデヒド漬けになっている為、放散量がかなり多い。
 みつ和では杉のムク板で建具を作成し取り付けた。


杉のムク板で作成したドア
 

杉のムク板で作った
押入れのふすま戸
  
フローリングと建具完成見本

 上記で紹介したブナのムク板を使ったフローリング工事と杉のムク板で作成したドアの完成品。
 雰囲気が統一されとてもナチュラルな雰囲気になる。 部屋に入ると空気もすがすがしく感じる。


ムク板フローリングとドア
 

ムク板フローリングとふすま
  
壁の工事

 一部部屋を珪藻土で仕上げた。一般の工事では必ずシーラー処理をするが、みつ和ではシーラー処理はしない。
  いくら安全な自然素材を使ってもシーラー処理をしては意味がないと思われる。シーラーは有機溶剤が入っている事をご存知でしょうか。

シーラー処理とは左官材(珪藻土・漆喰・モルタルなど)が剥がれ落ちないようにする為に、下地に剥がれ防止用の溶剤(トルエン・キシレンなどを含む溶剤)をあらかじめ塗る処理の事。


壁面の珪藻土仕上げ
 

珪藻土仕上げ作業風景
  
 ビニールクロスが貼ってあった部分のクロスを剥がし、さらに下地ボードに付いているビニールクロスの裏紙を剥がした。 過敏症患者さんによってはビニールクロスの可塑剤が下地に移染しているものにも反応することがある。剥がしただけでは残ってしまう為、その残った裏紙をさらに削って取り除く。

クロスを剥がしても残ってしまっている
 

残ったクロスを削り取る
 ビニールクロスの撤去終了後、壁にみつ和オリジナルオーガニック壁紙(オーガニックコットンクロス)を貼っていく。 オーガニック壁紙を貼るには技術が必要。

継ぎ目を丁寧に貼っていく
押入れの工事

 あまり重要視されない箇所だが、押入れは狭い空間で、密閉室であり、建材からの化学物質が放散し充満している。
思ったより危険な空間なので、 実は押入れのリフォーム工事は重要な箇所なのである。

 この工事は床下からの化学物質を止める為、まずはアルミホイルを敷き詰めた。さらにアルミホイルの破損防止と化学物質の吸着の為、上から炭シートを重ねた。 仕上げに炭シートの上に無塗装の杉のムク板フローリングを敷いた。

押入れのシックハウス対策も丁寧に行う

まずはアルミホイルを敷き詰め放出を防ぐ
 

さらに炭シートを敷く

仕上げに杉のムク板を敷いて完成
   
  
その1|その2|その3

ページTOPへ
アトピー・アレルギー対策のリフォーム例